その他 アーカイブ / 資料室

ふれあい給食《新年会》

 1月18日㈯、65歳以上の一人暮らしの方をお誘いして、毎年恒例の新年会が開かれました。

 まずは、『箏アンサンブル こでまり』の古居泉さん、井改真美さんによる、琴の演奏です。春の海、さくらさくら、など琴の名曲から、民謡メドレー、わらべうたメドレー曲まで、幅広く演奏してくださり、その柔らかな調べを堪能いたしました。琴の生演奏を聴くのが初めてという方が意外と多く、また「こでまり」さんにとっても、マイクを通さない音を聴いてもらう機会は実はなかなかないそうで、とても貴重な良い時間を過ごすことが出来ました。

 演奏会を楽しんだあとは豪華仕出し弁当と手作り味噌汁でお昼ご飯です。今回も満員御礼、大勢の方が参加して下さいました。美味しいものをみんなで食べると会話も弾みますよね、コミセン大ホールがより一層賑やかです。

 さらに食後は、みかんを食べつつビンゴ大会!!一生懸命悩んで準備した景品は、鉢植えのお花やご飯のお供、お菓子など色々です。「全然当たらない」「トリプルリーチだ!」などど、読み上げられる数字をお隣さんと一喜一憂して楽しんで下さいました。皆さんの明るい笑顔が溢れる新年会となりました。

ふれあい給食《食事会》

 11月16日㈯、65歳以上の一人暮らしの方、そして、75歳以上の方のみで暮らしている方々をお誘いして、ふれあい食事会が開かれました。一人暮らしの方をお誘いした食事会は何度か開催していますが、75歳以上の方のみで暮らしている方々にもお声がけしたのは初めての試みでした。

食事の前に、ジャズバンド「チャウダー」の皆さんによるジャズ演奏をお楽しみ頂きました。生演奏の迫力に圧倒されつつも、その魅力的な音色に心地良いひととき。

「私たちはジャズを愛し楽しんだ世代だから、今日は楽しみにしていた。」「期待以上の素晴らしい演奏だったね。」「懐かしい曲をジャズ調にアレンジしてくれて、一緒に歌えてとっても楽しかったです。」お越し頂いた方々から、嬉しいお声を沢山聞くことが出来ました。

 ジャズの生演奏で気持ちを満たした後は、民生委員さん手作りの食事でお腹を満たして頂きました。今回は、ジャズに誘われて来て下さった方も多かったでしょうか、コミセン大ホールがギッシリ大入り満員!賑やかに皆さんで食事をしていただきました。

 

極楽小学校
トワイライトスクール主催
ふれあいコンサート

学区の皆さんで、芸術の秋を堪能

 10月19日㈯、極楽小学校体育館にアコーディオン奏者 橘川宗明さんをお招きして、ふれあいコンサートが開催されました。肌寒い曇天の中、ご近所の皆さん40~50人がお集まり下さいました。

学区の、芸術を愛する老若男女の皆さん

アコーディオンの音色に包まれ

 アコーディオンを生で聴くのは初めて、という人も多く、ちょっと緊張した空気。「本日は、ようこそお越しくださいました。皆さんがよく知っていらっしゃるようなセトリ(セットリスト→演目)にしてみましたので、お楽しみ下さい。」ごあいさつに続いて始まったのは「リベルタンゴ」!あ、知ってる!一気にアコーディオンの独特の魅力に引き込まれていきました。

 「アコーディオンはハーモニカと同じ構造でリードに風を送り込んで音を鳴らす楽器、重さは10キロを超えるんですよ。」「いつも演奏は舞台の上なので、今日は皆さんと同じ高さで演奏、ということで、とても新鮮で、一体感があっていいですね」情熱的なアコーディオンの音色とはうって変わった優しい語り口も素敵でした。

スタンダードな曲からジブリや映画の曲などバラエティーに富んだ選曲で、音楽の秋を堪能いたしました。最後に司会の菊田先生が「アンコールお願いします!」とむちゃぶり!「どうしようかな」と言いながらも、コンクール優勝の思い出深い一曲を演奏してくださいました。

あきまつりフォトギャラリー

10月14日、高牟神社の秋季例大祭に合わせて、各自治会主催であきまつりが催されました。時折雨が激しく降りつけるあいにくの天気でしたが、雨にもめげず、子ども会のみんなは、引率、付き添いの大人の方々、誘導の消防団の皆さんと一緒に御神輿・獅子の町内練り歩きをしました。その他にも、餅つき、豚汁、ゲーム、屋台色々、ビンゴ大会、太鼓のパフォーマンス、くじ引きと、お楽しみがいっぱいある「あきまつり」。楽しい秋の一日を過ごした極楽学区でした。